倫理テーマ「インド思想」

大学受験★倫理 > 倫理 > インド思想
  1. カースト制度のトップに位置したのはどちらか。
  2. カースト制度の中で、隷属民を指すのはどちらか。
  3. 前7〜4世紀にインドで栄えた、瞑想的な哲学をなんというか。
  4. ウパニシャッド哲学において、輪廻の鎖を断ち永遠の安息を得ることを何というか。
  5. バラモン教が聖典としたのはどちらか。
  6. バラモン教において規範を定めた法典はどちらか
  7. 宇宙は無限の循環であり、霊魂は生死を繰り返すとする思想をなんというか。
  8. 宇宙の根本原理である梵はどちらか。
  9. ジャイナ教の開祖はどちらか。
  10. ジャイナ教の特徴として正しいのはどちらか。
  11. ゴータマが探求した真理のことをなんというか。
  12. ゴータマの説く、四苦に含まれるものはどちらか。
  13. ゴータマの説く、五蘊盛苦とは何か。
  14. ゴータマの説いた、いかなる存在も自身として独立には存在しないという真理をなんというか。
  15. ゴータマの説いた、煩悩の消えた安らぎの境地をなんというか。
  16. ゴータマの説いた四諦のうち、滅諦とはなにか。
  17. ゴータマの教えにおいて、他者の苦しみに同情して救済することを表した言葉は?
  18. 仏教教団において、女子の在家信者をなんというか。
  19. 仏教の在家信者が守っていたのはどちらか。
  20. アショーカ王のころ成立した仏教教団のうち、より進歩的とされるのはどちらか。
  21. 大乗仏教の特徴として正しいのはどちらか。
  22. 唯識思想を築いた人物は誰か。

大学受験★倫理大学受験★倫理TOP

(C)ideamix